お酒ってたくさん種類があって、よくわからない!どれが美味しいのかわからない!
そんな方向けに、"トラウマにならないお酒の出会い"を提供したいサイトです。

20歳の方へ、お酒のコトハジメ

メジャーなお酒たち

バー・カクテルについて

リキュールについて

人気のリキュール

おすすめのリキュール

  • ピーチリキュールの楽しみ方
  • バニラリキュールの楽しみ方

謎リキュール

  • ルパープの楽しみ方
  • アペロールの楽しみ方

すべてのリキュール

  • 執筆中

このサイトについて

  • HOME
  • 焼酎・日本酒について

焼酎・日本酒の基礎知識

似てるようで全然違う、この2つの違いとは?

居酒屋でも飲める人気メニューである焼酎日本酒ですが、具体的にどんなお酒なのかご存知ですか?
私もむかしは違いがよくわからず、注文するのも躊躇していたものです。

しかし、特に日本酒は初心者にも飲みやすいお酒で、一度は口にしてみて欲しいお酒です。実際私もハマっていた時期があります。

今回はそんな日本のお酒について、雰囲気を伝えることができたらと思っております。
焼酎・日本酒の特徴って?
焼酎、日本酒ともに共通している特徴としてはどちらも(基本的に)透明な点が挙げられると思います。
味については、ざっくりいうと焼酎は辛口でキレ味が特徴のお酒で、日本酒はすっきりと飲みやすく多少の甘味があるお酒という認識でいます。
つまり焼酎はあまり初心者向けではないと思いますが、ホワイトラムなどのクリアなタイプのお酒に対するとっかかりとしては焼酎のようなタイプのお酒は入門としては度数も低く(ストレートで約20度)良いと思いますので、ある程度飲み慣れた方でしたら手を出してみると面白いかもと思います。

一方日本酒はフルーティーな味わいで女性向けで、初心者に向いたお酒だと思います。例えばカクテルでは甘すぎるけど、辛い・苦いお酒は得意でないといった方に最適なお酒です。
ひとくちに日本酒と言っても辛口なものもあれば甘口なものもあるので、そういった銘柄の差異なども突き詰めていくと楽しいかも知れません。
製法の違いは?
日本酒と焼酎の明確な違いは、もっとも基本である造り方です。製造方法で分類すると、日本酒は「醸造酒」焼酎は「蒸留酒」というカテゴリーに入ります。

では、「醸造酒」と「蒸留酒」の違いとは、いったい何だという話になりますね。
まず、醸造酒である日本酒は穀物や果物に含まれる糖分を、酵母の力でアルコール発酵させたお酒になります。他のお酒でいうとビールワインなんかが該当します。つまり、素材の味がダイレクトにお酒に反映されることになりますね。
そして日本酒の原料はです。お米を発酵させて日本酒はつくられているわけですが、米の中には糖分が含まれていないので、米の中のデンプンを糖化させることで糖分を作り出しているそうです。

対して蒸留酒である焼酎はどう作られているのかというと、その名の通り蒸留を用いてお酒を作る方法です。
焼酎の中にもいろいろあり甲類焼酎だったり乙類焼酎だったりとあるので一概には言えないのですが、よく飲まれる乙類焼酎の場合、芋や穀物などに麹菌を生やした麹をつくり、それを発酵させ一次もろみを作り、さらにそこへ主原料と水を加えて発酵させた二次もろみを蒸留することでアルコールが含まれた成分を分離することができるので、これに加水してアルコール度数を調整したりして商品になっていきます。

ということで次に日本酒と焼酎、それぞれをもう少し詳しく見ていきたいと思います。
日本酒について
まずは初心者向きのフルーティーなお酒である日本酒から見ていこうかと思います。
まず日本酒の中での種類ですが、大きく分けると「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」「清酒」にわけられます。

このうち、「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」は特定名称酒とされ、より具体的な基準が設けられています。
まずはそれぞれに関して、定義を見ていきたいと思います。
清酒について
まず清酒とはお米をこして造られたお酒という意味になります。つまり日本酒=清酒と言えます。この中で「特定名称酒」と「そうでない日本酒」に分かれるのですが、便宜上「特定名称酒」ではない日本酒を「清酒」と呼ぶことが多いです。

実際、お酒のパッケージなどを見ると、特定名称酒に属さない日本酒は「清酒」と表記されております。
特定名称酒とは?
先程から何度かでてきている特定名称酒ですが、これは言葉で説明するよりも表で見たほうが早いと思います。
焼酎について
焼酎・日本酒の特徴って?
おいしい日本酒とは